*

火花

芥川賞受賞作品『火花』

ひさびさに出版業界に明るい日差しが差し込んだ、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹さんの小説『火花』。
16日に芥川賞を受賞し、すでに発行部数は104万部を超える大ベストセラーとなっています。

売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌でまた人間味が豊かな人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。神谷も徳永に心を開き、2人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を歩きまわる2人はさまざまな人間と触れ合うのだったが、やがて2人の歩む道は異なっていく。徳永は少しずつ売れていき、神谷は少しずつ損なわれていくのだった。お笑いの世界の周辺で生きる女性たちや、芸人の世界の厳しさも描きながら、驚くべきストーリー展開を見せる。

書籍の売り上げだけでなく、
又吉さんが出演しているCM、ファッション通販サイトの「バイマ」も
大きく影響を受け、運営会社のエニグモの株価も上昇し、
今回のインパクトの大きさの凄まじさがわかります。

ゲスい話ですが、
今回のブレイクで又吉氏は確実に億万長者入りを果たすようです。

気になる印税はというと、
販売価格が1200円(税抜き)なので、
現時点での累計発行部数が104万部となると、
1200円×104万部=12億4800万円の売り上げとなり、
印税率が7%とすると、8736万円の印税となります。

今回は芸人という肩書きをもつ著名な又吉氏の芥川賞受賞なので、
通常10万部売れただけでも大成功といわれている文芸作品の中でも、
特殊な例だけに、まだまだ部数は伸びると思われます。

これまでピースといえば綾部さんの方が目立っていましたが、
今回の受賞で又吉さんの知名度は一気に上がり、今や時の人。

今後は、小説家としてTV出演する機会も増えるでしょうし、
ドラマ化、映画化などになれば、脚本家としても活躍することとなるでしょうから、
お笑い芸人のピース又吉とは違う人生を歩まれるのでしょうね。

人生の岐路はわからないものです。

ただ言えるのは、好きな事を徹底的に拘りをもって最後までやり遂げることが、
大きな成功に結びつくのかもしれないとということです。

関連記事

PDCA

PDCAサイクル

最近職場でやたらと目に付く、耳に障るのが「PDCAサイクル」って言葉。 お偉いさんにプレゼンする資

記事を読む

教団X

教団X

アメトーーク!」効果で全国書店から消えた!若林も又吉も大絶賛で今、入手困難のアノ本とは? 2015

記事を読む

enjyou001

元少年A (著) 「絶歌」について

AMAZONでベストセラーとなっている 酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年A著作の「絶歌」。 出版元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

又吉直樹
火花

芥川賞受賞作品『火花』 ひさびさに出版業界に明るい日差しが差し込んだ

ノンタン
お勧めのミリオンセラーの絵本【ノンタン】の裏事情

ミリオンセラーの絵本 今回の記事を読む前に以下の記事も読んでみてくだ

教団X
教団X

アメトーーク!」効果で全国書店から消えた!若林も又吉も大絶賛で今、入手

no image
【まとめ買い】ギャルがライバル!!

1981年の漫画業界の時代背景 この「ギャルがライバル!!」は

PDCA
PDCAサイクル

最近職場でやたらと目に付く、耳に障るのが「PDCAサイクル」って言葉。

→もっと見る

PAGE TOP ↑