*

PDCAサイクル

最近職場でやたらと目に付く、耳に障るのが「PDCAサイクル」って言葉。
お偉いさんにプレゼンする資料には必ず入っている。

要は、【計画】→【実行】→【評価】→【改善】
という流れで進めるので、理解してねって事。

PDCAフレームワークに乗せればなんとかなるだろうと楽観し、
結果は惨敗ってのが、ここ数年の繰り返し。

そもそもPDCAを正しく理解しているのか?

大手企業が陥りやすいのがここなのだが、
簡単にいうと以下の点が不味いと思っている。

法人税をがっぽり持っていかれることを嫌って、
前年売上から算出した今期消化できる経費を無理やり遣い切ろうとする。

いわば、四半期毎、半期毎に予算との整合を行うため、
かなり短い期間で業務評価が下される。
これにより、長期展望をもって進めるべき事案と
短期のものとを混在し、アホな社員が過去実績を考慮せず、
無茶な計画に予算を遣おうと
プレゼンスキルだけ向上させてしまっているわけ。

まぁ、PDCAが日本の企業風土に合わないって話もあるのだが、
実際にはそうでもなく、PDCAで実績をあげているところもある。

企業の業績が傾けばリストラされるのは50代の管理職なのに、
若手の無茶なPDCAに翻弄されているのはどうなんだろう。

ここでおさらいしておくと、
PDCAサイクルとは以下のようなこと。

  1. .Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
  2. Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
  3. Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
  4. Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

ということで、
PDCAを正しく理解していない管理職が、
PDCAを使いこなす若手にしてやられないように
PDCA関連の書籍を読みちゃんと理解した方がいいよ!的に
おすすめのPDCA関連書籍をご紹介します。

まぁ、書籍を読みたくなければ、WordPressでブログを書いて、
アフリエイトで収益を上げる趣味を持ってみることが早道かもしれません。

今回のこの記事だって、
結果次第でPDCAサイクルに乗せてあげて、
結果的には初稿と全然違う内容になっているかもしれません。

実はPDCAとはそういうものなんですよね。

関連記事

教団X

教団X

アメトーーク!」効果で全国書店から消えた!若林も又吉も大絶賛で今、入手困難のアノ本とは? 2015

記事を読む

又吉直樹

火花

芥川賞受賞作品『火花』 ひさびさに出版業界に明るい日差しが差し込んだ、お笑いコンビ、ピースの又吉直

記事を読む

enjyou001

元少年A (著) 「絶歌」について

AMAZONでベストセラーとなっている 酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年A著作の「絶歌」。 出版元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

又吉直樹
火花

芥川賞受賞作品『火花』 ひさびさに出版業界に明るい日差しが差し込んだ

ノンタン
お勧めのミリオンセラーの絵本【ノンタン】の裏事情

ミリオンセラーの絵本 今回の記事を読む前に以下の記事も読んでみてくだ

教団X
教団X

アメトーーク!」効果で全国書店から消えた!若林も又吉も大絶賛で今、入手

no image
【まとめ買い】ギャルがライバル!!

1981年の漫画業界の時代背景 この「ギャルがライバル!!」は

PDCA
PDCAサイクル

最近職場でやたらと目に付く、耳に障るのが「PDCAサイクル」って言葉。

→もっと見る

PAGE TOP ↑